トップ > 鳴子温泉郷

  • 詳細情報
  • クチコミ情報

鳴子温泉郷
(なるこおんせんきょう)

クチコミ:2

宮城県北西部の大崎市に所在する温泉郷。大崎市北西端の鳴子地域に点在する、鳴子・東鳴子・川渡・中山平・鬼首の5地区の温泉地で温泉郷を形成している。 多彩な泉質を誇り、古くから湯治場として栄えてきた。 鳴子峡の峡谷美をはじめ、天然記念物指定の間歇泉、スキー場、日本こけし館など、観光資源が豊富な温泉リゾートとなっている。 自炊可能な施設も残され、療養を目的とした長期滞在も可能。病院とタイアップした温泉療養プランも実施されている。 鳴子温泉郷の58軒のお風呂で使える「湯めぐりチケット」も好評。

住所
宮城県大崎市鳴子温泉
アクセス
■電車
JR鳴子温泉駅下車
■自動車
東北道古川ICから国道47号経由30km
主な泉質
単純温泉、硫黄泉、塩化物泉、炭酸水素塩泉、硫酸塩泉、酸性泉、他

情報提供元:社団法人日本温泉協会
copyright © 社団法人日本温泉協会 All rights reserved

詳しく見たい方はプレミアム会員(月額324円)登録へ

このスポットのクチコミ新着

クチコミ:2

  • ゲスト さん(19/06/07)

    温泉街の中に無料の駐車場があり、温泉街の散策を楽しめました。公衆浴場の滝の湯はお湯の量が豊富で素晴らしかったです。

  • 空色 さん(14/11/13)

    鳴子峡の紅葉が見たくて行ってきました。紅葉の時期だけ出る臨時バス「紅葉号」が出ています。日帰り温泉は日中のみが多く、夕方に入れる所は少なかったですが、2ヵ所に入ってきました。硫黄泉です。

クチコミ一覧へ

ページの先頭へ