トップ > 武雄温泉

  • 詳細情報
  • クチコミ情報

武雄温泉
(たけおおんせん)

クチコミ:3

佐賀県西部の武雄市に所在する温泉地。1200年前に発行された「肥前風土記」に記述のある温泉で歴史が永い。 徳川時代には総大理石の領主鍋島氏専用浴槽が造られ、現在も「殿様湯」として利用されている。 温泉街の中心には大正3年に完成した「楼門」がある。 この門は、東京駅や日銀本店を設計した辰野金吾博士の設計によるもので、県の重要文化財に指定され武雄温泉のシンボルとなっている。

住所
佐賀県武雄市武雄町大字武雄
アクセス
■電車
JR武雄温泉駅下車
■自動車
長崎道武雄北方ICから国道34号経由5km
主な泉質
単純温泉

情報提供元:社団法人日本温泉協会
copyright © 社団法人日本温泉協会 All rights reserved

詳しく見たい方はプレミアム会員(月額324円)登録へ

このスポットのクチコミ新着

クチコミ:3

  • たえきるれ さん(18/12/02)

    源泉100%を探して行きました。
    トロトロ温泉でした。
    飲めるところも探しましたが分かりませんでした。

  • ゲストさん(11/06/28)

    武雄温泉入口にある楼門は国重要文化財だそうです。東京駅をデザインされた辰野金吾博士の設計とのこと! すごいですね〜

クチコミ一覧へ

ページの先頭へ